読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語もさっぱり夫婦の海外個人旅行

ブログ初心者。その時起きた事や思ったことは、どうでもいいことでも書きます。言葉使いもキレイではないです。

イタリア旅行記 【52】帰国して完結

10月19日

 

帰国の朝。

残念ながら最後までオール英語だったホテルをチェックアウトして、空港までは電車で向かいます。

 

Cadorna FN https://goo.gl/maps/WWUiekQfJdF2

 

このCadorna駅から出てるマルペンサエクスプレスに乗ります。

 

外から直接マルペンサエクスプレス行きのホームに入れる模様。その手前にある券売機で乗車券も買えて、駅構内に入らなくても済んで楽チンでした。

 

この時はまさか、こんな風にブログを書くとは思ってもみなくて、ミラノからヘルシンキまでは1枚も写真撮ってない。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

フィンエアーのチェックインは行きと同じくwebで完了済みだから、ミラノの空港でも荷物預けるだけ!!

 

隣にはセントレアとは比べものにならない大行列のチェックインカウンターが。

 

 

(ง ˃̣̣̥౪˂̣̣̥ )วく クッ・・!これが大都市と地方の差・・・!!

 

注目すべきはそこじゃねぇ、

事前webチェックインの便利さに感謝!

 

マルペンサ空港も初めてでしたけど、誰かに何か聞かないと進めないわけじゃなく、問題なく搭乗手続きへ。

だけども、セキュリティチェックはびっくりするくらいの大行列だったんで、早めに並んどいて良かった!!

 

11:25 ミラノ発 AY794便

 

なんの問題もなくミラノからヘルシンキ行きの飛行機は飛び立ち、定刻通りにヘルシンキに到着!!

 

 

2時間弱の乗り継ぎ時間も、時間を持て余すくらい余裕のヘルシンキ空港。

 

 

とりあえず腹ごしらえじゃい!!ということで、

https://www.finavia.fi/en/helsinki-airport/services/food-beverages/restaurant-nordic-kitchen/
Nordic Kitchen / Services / Finavia


f:id:sakasama0909:20170415160432j:image

Nordic Kitchen!!

北欧だもんね!サーモン食べなきゃね!

 

うーんとね、

うまいけどデカい!!

これパン要らね!具だけでお腹膨れるわってなくらいのボリュームでした。

 

 

出国手続きもなんのその、旅行前のあの心配や不安は何だったのかと思うくらいスムーズに日本へ飛び立ちます!
f:id:sakasama0909:20170415161712j:image

 

 

向こうに見えるのはmarimekkoフィンエアーじゃないですか!!あれに乗りたかったぜ!!
f:id:sakasama0909:20170415161735j:image

 

 

さようなら!!ヨーロッパ!!
f:id:sakasama0909:20170415161828j:image

 

旅行が終わっちゃう寂しさと、日本に無事に帰れる安堵感で複雑なお気持ち。

 

 

とりあえず映画でも見ましょかということで、

これまた懐かしのA.I.を見るよー!!

 

A. I. (吹替版)

A. I. (吹替版)

 

 

行きはセカチューでBBA泣きしたから、もうさすがにA.I.見て泣くこたぁねぇだろなと思ったら、BBA泣きなんてとんでもない・・・

BBA大号泣。

 

セカチューの時みたいに涙がホロリなんて甘っちょろいもんじゃなくてね。

涙と鼻水がじゃんじゃん出るわ、

あげくの果てはしゃっくりが止まらなくなるわ、

最終的にはブランケットで顔を隠さないといけない羽目になるわ

というクソBBA泣きをしてしまったのだ。

 

結論、A.I.は素晴らしい映画です。

 

そんな映画みて大号泣するなんて、機内でエンジョイしてやがるなと思うことなかれ、

後ろを気にせずシートが倒せるからという理由で、1番後ろの席を選んだのが大間違い。

 

前の席の外国人のシート倒していい?との要望に軽くOK出しちゃったもんだから、遠慮もなくシート全倒ししてきて、食事の時間もおかまいなしにそのまま寝てるからずーーっと窮屈だったよ。

 

教訓・帰りもエコノミーコンフォートにしましょう。

 

 

セントレアに無事着いて、お母さんのお出迎えで自宅へ!

真っ先にコンビニでおでんとおにぎりを買って日本の味を食べる2人。

だしうまい。米うまい。

 

 

イタリア旅行記の最後を、だしうまい。米うまいなんて和の心で締めくくるとは書き始めの時には予想してなかったぜ。

 

長すぎた旅行記もこれにておしまい。