読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語もさっぱり夫婦の海外個人旅行

ブログ初心者。その時起きた事や思ったことは、どうでもいいことでも書きます。言葉使いもキレイではないです。

イタリア旅行記 【48】ヴェネツィアをあとに

10月18日。

 

ヴェネツィア出発が13:20。

まだまだ時間があるんで、最後の街歩き。

 

 

お決まりのサン・マルコ広場
f:id:sakasama0909:20170407121603j:image

 

 

演奏チャージがつくという噂の・・・。
f:id:sakasama0909:20170407121849j:image

 

最後の押さえきれない衝動を押さえる旦那
f:id:sakasama0909:20170407122635j:image

 

 

鳥!!

カモメかな?
f:id:sakasama0909:20170408074048j:image

カモメが飛んだーカモメが飛んだー

 

 

 

ムーア人の時計台。
f:id:sakasama0909:20170408074527j:image

500年以上前からあったんだとか。

 

 

現役で鐘を鳴らす からくりブロンズ像。
f:id:sakasama0909:20170408074824j:image

事前学習も何もない2人に、サン・マルコ広場のからくり像は見た方がいいと教えてくれたのは、もちろん昨日のガイドさんです。

 

 

ズームイン!!
f:id:sakasama0909:20170408075159j:image

ちゃんと鳴らしてるところの動画が撮れて満足じゃい( ˆoˆ )/

 

 

また適当にブラブラ。
f:id:sakasama0909:20170408075611j:image

 

 

奥におっちゃんが居るの全然気がつかなかったぜ!
f:id:sakasama0909:20170408075735j:image

 

 

ここは・・・・・
f:id:sakasama0909:20170408080015j:image

昨日ボラーれにあった所じゃないですか。

結局この時はtripadvisorで店を探せず、ボロックソレビューは諦めたのであった。

 

 

お昼は駅付近で食べようということで、チェックアウトしてサンタルチア駅へ向かうよ。
f:id:sakasama0909:20170408080555j:image

 

スーツケース持った観光客でいっぱい。
f:id:sakasama0909:20170408080753j:image

フラフラ写真撮ってる私を1人で大人しく待つ旦那。

そんな旦那のもとへ・・・

 

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)✧「○△X◇□●▲▼□~?」

 

 

 

・・・・・・

 

 


f:id:sakasama0909:20170408081548j:image

理解できない旦那。

 

写真を取り終え戻ってきた私にテンパりながら必死に訴える。

 

「さっきさ!!知らない外国人から何か喋りかけられたんだわ!!何か聞いてくるんだって!!」 

 

「でも俺、何言ってんのか全然わからんじゃんね!!だから何も返せんかったんだわ!!」

 

「そしたら、OKOK,thanks!って諦めて他の人に聞いてた!!」

 

「なんでこんな見るからに英語喋れんやつに聞いてくるのかな!?」

 

 

とりあえず落ち着け。

 

私がおらん間にいきなり喋りかけられたことによっぽどビビったと同時に、喋りかけられて

そんなに嬉しかったんだね・・・・・

 

 

さて、興奮冷めやらぬ旦那と一緒にサンタルチア駅に向かう水上バスへ乗り込みます。
f:id:sakasama0909:20170408083512j:image

 

 

相変わらずのギュウギュウ詰めの中、サンタルチア駅への到着を待っていたところ・・・


f:id:sakasama0909:20170408084311j:image

 サンタルチア駅目前の小さな駅で

皆一斉に下船。

 

( ゚д゚)(゚д゚ )固まる2人

 

を見るに見かねてか、見知らぬお兄さんが

ここから先は船が行けないから、ここで降りて歩いてサンタルチア駅まで行くんだよ

的なことを教えてくれる。

 

 

 本当にもう!!

現地の人なのか観光客なのかは分かりかねますがね!!

見知らぬJapaneseにいちいち教えてくるなんて

そんなの・・・・・

 

 

 

f:id:sakasama0909:20170408084958j:image

Again!!

 

 

はー!!!本当優しいな!!

心打たれながらも、きちんとお礼は言うことは出来たので、そのままサンタルチア駅まで歩いて向かいます。

 

 

どうやら水位が高くて橋をくぐれなかったっぽい。

確かに何かしきりにアナウンスはしてたけれども、こういうことだったのか。

ホント教えてくれたお兄さんに感謝。

 

 


f:id:sakasama0909:20170408090805j:image

 地図上で見れば目と鼻の先ですがね・・・。

 


f:id:sakasama0909:20170408091254j:image

 駅へと続くこの最後の架け橋が・・・。

こやつが・・・。

 



f:id:sakasama0909:20170408124119j:image

 ☆スーツケースキラーBridge☆

めっちゃ試してくるよ!!

さあ、頑張れ!!頑張るんだ旦那!!

 

ーーーそう、我々のスーツケースは1つなのだ。

ヨーロッパ旅行にスーツケース1つでよく行けたもんだ、全く。

 

 

眺めはいいから撮っちゃうよね。
f:id:sakasama0909:20170408092415j:image

 

 

 カナルグランデ通るルートならサンタルチア駅

まで行けたんだろか。

f:id:sakasama0909:20170408092447j:image

 

(旦那のおかげで)なんとか、試される橋をクリアして、サンタルチア駅へ。

 

 

無印だーー!!
f:id:sakasama0909:20170408092800j:image

こんな駅前に。ガンバレーー!!

 

 


f:id:sakasama0909:20170408092928j:image

旦那に荷物番をお任せして、私は昼ごはんの調達に。

 

駅構内のバルみたいなところは激混みだったんで、駅の隣にある商業施設っぽいところでパニーノを買う。

 

 

若いお姉ちゃんが1人でテキパキ切り盛りしてて、セットメニュー頼んでお代金ピッタリ払ったつもりが、返金してくるじゃんね。

なんでかな?と思ったら

 

「セットのドリンクをSサイズで注文してて、標準より小さいからその分返金します」的なことをおっしゃる。

 

( ´▿` ∗).。oO(ちょっとぐらい、チョロまかしてもええんやで・・・・・

 

ほんわかした所で駅へ戻り、外で座ってパニーノを頂く。

 

お姉ちゃんには悪いけど、こういう所にあるフランチャイズっぽいパニーノ屋だし、多分おいしくないだろなと思ったら

めっちゃうまかった。

疑ったりしてごめんよ、お姉ちゃん。

 

 

腹ごしらえも済んだところでそろそろ構内へ戻り、私はお約束のFlying Tigerへ行き時間を潰すのだ。

とけいのはりは、みまちがえないようにします。

と旦那と約束をして。

 

 

ちゃんと15分前に出るつもりで出口付近に行ったら、心配になってか店内を伺う旦那の姿が。

どんだけ心配性なんだか。

(´-`)く そんだけの事をフィレンツェでしでかしたんだよ。

 

さあ無事に出発ホームも発表されて、いざ車内へ乗り込みます。

 

ヴェネツィア 13:20発  Freccia bianca 9726便

ふれっちゃびあんか。

白い矢。

 

ーーーことごとく洒落た名前つけやがって!!

 

☆おのぼりさんだからことごとく反応しちゃうんだね!!