読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語もさっぱり夫婦の海外個人旅行

ブログ初心者。その時起きた事や思ったことは、どうでもいいことでも書きます。言葉使いもキレイではないです。

イタリア旅行記 【46】ゴンドラに乗って


 

サン・マルコ周辺は激混みだからということで、空いていそうな乗り場までガイドさんに連れられて街を歩く。

 

どっかのゴンドラと契約してるのかなと予想してたけど、そうじゃないのね。

 

 

結局、その日訪れたアカデミア橋を渡った所まで行き、そこからゴンドラ体験スタート(´▽`)

 


f:id:sakasama0909:20170402222523j:image

ゴンドリエーレさん、スマイルプリーズ!!

 

ガイドさんいわく・・・

 

彼は貴族出身で、元々召使い付きのお家に住んでいたんだけれど、色々あって今はゴンドリエーレとして生活をしている。

 

でも毎日毎日ゴンドラに乗るだけで、こんな生活はもう嫌だ。日本に行きたい。日本に行けば裕福で素敵な生活が出来るはずだ。

 

由緒ある貴族出身だから、どなたか結婚して下さる女性はいないだろうか。

 

 

・・・いねぇだろな(笑)

「元貴族」ってあんたそれ、この世の中で1番胡散臭い肩書きじゃないすか。まぁ、軽いヴェネツィアジョークをかましただけなんだろけどね。

 

でも、ゴンドラに乗るのが嫌だとか、日本に行きたいだとか・・・

 

 

ここでゴンドラ乗ってる方がいいと思うよ、絶対!!

 

 

 

 さてゴンドラ体験は続きます。

 

 

水上バスと違って目線が低い!
f:id:sakasama0909:20170402230611j:image

 

ガイドさんがヴェネツィアの成り立ちを教えてくれました。
f:id:sakasama0909:20170402230658j:image

資料はイタリア語だけど、もちろん日本人のガイドさんでぜーんぶ日本語でしたよ。

 

 

水上バスは通らなさそうなルート。
f:id:sakasama0909:20170402230950j:image

 

 

造船所を通ります。
f:id:sakasama0909:20170402231239j:image

 

 

ゴンドラの装飾。

金ピカ☆
f:id:sakasama0909:20170402231318j:image

 


水位が高い時はどうやって橋くぐるのかな?
f:id:sakasama0909:20170402231422j:image

 

たまに写真を撮られてちょっと恥ずかしい。

※人様のゴンドラ写真を撮りまくってるヤツが言い放った言葉だよ!
f:id:sakasama0909:20170402231543j:image

 

 

狭い水路を抜けてカナルグランデへ。
f:id:sakasama0909:20170402231957j:image

※目の前に見える豪邸が、ゴンドリエーレさんが以前住んでいたお家だそうです。

まだ言ってるし(笑)

 

 

★ガイドさんクイズ★

写真の豪邸のようなお家の場合、住み込みの召使いさんは、どの階にお部屋があるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

正解は・・・

意外! それは 最上階ッ!

 

おいおい召使いなのに最上階!?って思うんだけどこういうのは大抵、

最上階は夏はあっつい・冬はさっむいのダブルパンチなんだと。 

 

だからよく見ると、最上階の窓は他に比べると小さく作られてるのがわかりますよねって。

最上階の窓が小さい所は、住み込みの召使いを雇っていた所ですよと。

なるほどざわーるど!!

 

 

 

いい感じに薄暗くなってきたー!
f:id:sakasama0909:20170402233957j:image

 

 

アカデミア橋!
f:id:sakasama0909:20170402234221j:image

 

 

うっひゃー!!照明ーー!!
f:id:sakasama0909:20170402234250j:image

 

 

サルーテ教会が見えるー!
f:id:sakasama0909:20170402234425j:image

いい感じになってきたところで・・・

 

 

~これにてゴンドラは終了~

 

 

 

うーんとね、やっちまった点が3つ。

 

①水位が低かった。

②ゴンドラ渋滞にビビったせいで、混んでない水路をリクエストしたこと。

③時間帯が早すぎた。

 

 

ほぼ全てにおいてやっちまったんじゃね?っていうのはさておき、

初ゴンドラを安心して乗れたり、通訳してもらえたのはありがたかったです!!

 

でも、もし次の機会があるなら・・・

 

ゴンドリエーレとの交渉は、心配だったら終わる時間と金額をメモに書いて確認しあったりして、

現地についてから分かるベストな時間帯で、

渋滞があろうがなかろうが、メイン通りを通ってもらおうと思います。

 

 

初めてのゴンドラ体験が終了。

次はお待ちかねのディナータイムへ。