読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語もさっぱり夫婦の海外個人旅行

ブログ初心者。その時起きた事や思ったことは、どうでもいいことでも書きます。言葉使いもキレイではないです。

イタリア旅行記 ⑥ローマ到着日

ローマ到着

 

フィウミチーノ空港から宿泊先までお迎えに来てもらっておいて、簡単な挨拶以外イタリア語はおろか英語ですらお話しができない2人。

 

時差もあってクソネミ( ˘ω˘ )

本当は無表情のままボーッと座っていたい

 

けど、無言も気まずいから窓の外の景色見て

 

「わー!!きれい」 「わー!!見てあれすごい」

 

とか、とりあえず喜んでるんだよとアピール。

 

「わー!!」は万国共通だと思う。

 

 

 

さて一通りのリアクションとって、今夜のお宿に到着。

 

お迎えつっても有料なんで、お代金50ユーロをわざわざ100均で買った桜柄のJapan封筒に入れて渡して、日本アピールしたがるウザいタイプなもんで。サーセン!!!!

 

 

さて、ローマのお宿の条件が

 

ビビりだから日本人オーナーのとこがいい

 

朝いちのサンピエトロ大聖堂見たいから、バチカンの近くがいい 

 

お部屋は綺麗めで、お風呂とトイレは専用のがついてなきゃ嫌

 

 

地下鉄の駅近くがいい

 

と、もうおまえら添乗員付きツアーで行ってこいよってなる条件。

 

でもね、ネットで探したらちゃんとその条件にあったお宿があったのよ。

それがこちら。

 

B&B laocoonte

Guest House Laocoonte

 

オーナーの奥様が日本人

 

B&Bだけど、専用のトイレとお風呂付きの部屋もある

 

バチカンに近いよ

 

地下鉄チプロ駅もすぐだよ

 

 

HPの予約画面に入ると、別の予約サイト会社経由で申込みが出来るようになってます。

 

おそらく予約した人全員に送っているであろうテンプレメールが全文英語で、届いた瞬間は

ファー!!!ってなったけど、

おそるおそる「日本語でも大丈夫ですか?」って返信したら、それ以降は日本語のやりとりに。

 

こんなカンジで到着してからも安心だね!!

オーナーさんの出迎えでさっそく中へ。

 

ん?奥様は明日から来るって??

・・・ファー!!!状態再び

 

 

 ①カタコトの日本語を交えて説明してくれる

 

②英語の時は簡潔な言葉でゆっくりお話ししてくれる

 

③その時のシチュエーションで今相手が話しているであろうことを、全身全霊で察する

 

という、ほぼお相手のおかげで成り立つ方法で無事にチェックインを乗り切ったのであった。