読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語もさっぱり夫婦の海外個人旅行

ブログ初心者。その時起きた事や思ったことは、どうでもいいことでも書きます。言葉使いもキレイではないです。

イタリア旅行記 【48】ヴェネツィアをあとに

10月18日。

 

ヴェネツィア出発が13:20。

まだまだ時間があるんで、最後の街歩き。

 

 

お決まりのサン・マルコ広場
f:id:sakasama0909:20170407121603j:image

 

 

演奏チャージがつくという噂の・・・。
f:id:sakasama0909:20170407121849j:image

 

最後の押さえきれない衝動を押さえる旦那
f:id:sakasama0909:20170407122635j:image

 

 

鳥!!

カモメかな?
f:id:sakasama0909:20170408074048j:image

カモメが飛んだーカモメが飛んだー

 

 

 

ムーア人の時計台。
f:id:sakasama0909:20170408074527j:image

500年以上前からあったんだとか。

 

 

現役で鐘を鳴らす からくりブロンズ像。
f:id:sakasama0909:20170408074824j:image

事前学習も何もない2人に、サン・マルコ広場のからくり像は見た方がいいと教えてくれたのは、もちろん昨日のガイドさんです。

 

 

ズームイン!!
f:id:sakasama0909:20170408075159j:image

ちゃんと鳴らしてるところの動画が撮れて満足じゃい( ˆoˆ )/

 

 

また適当にブラブラ。
f:id:sakasama0909:20170408075611j:image

 

 

奥におっちゃんが居るの全然気がつかなかったぜ!
f:id:sakasama0909:20170408075735j:image

 

 

ここは・・・・・
f:id:sakasama0909:20170408080015j:image

昨日ボラーれにあった所じゃないですか。

結局この時はtripadvisorで店を探せず、ボロックソレビューは諦めたのであった。

 

 

お昼は駅付近で食べようということで、チェックアウトしてサンタルチア駅へ向かうよ。
f:id:sakasama0909:20170408080555j:image

 

スーツケース持った観光客でいっぱい。
f:id:sakasama0909:20170408080753j:image

フラフラ写真撮ってる私を1人で大人しく待つ旦那。

そんな旦那のもとへ・・・

 

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)✧「○△X◇□●▲▼□~?」

 

 

 

・・・・・・

 

 


f:id:sakasama0909:20170408081548j:image

理解できない旦那。

 

写真を取り終え戻ってきた私にテンパりながら必死に訴える。

 

「さっきさ!!知らない外国人から何か喋りかけられたんだわ!!何か聞いてくるんだって!!」 

 

「でも俺、何言ってんのか全然わからんじゃんね!!だから何も返せんかったんだわ!!」

 

「そしたら、OKOK,thanks!って諦めて他の人に聞いてた!!」

 

「なんでこんな見るからに英語喋れんやつに聞いてくるのかな!?」

 

 

とりあえず落ち着け。

 

私がおらん間にいきなり喋りかけられたことによっぽどビビったと同時に、喋りかけられて

そんなに嬉しかったんだね・・・・・

 

 

さて、興奮冷めやらぬ旦那と一緒にサンタルチア駅に向かう水上バスへ乗り込みます。
f:id:sakasama0909:20170408083512j:image

 

 

相変わらずのギュウギュウ詰めの中、サンタルチア駅への到着を待っていたところ・・・


f:id:sakasama0909:20170408084311j:image

 サンタルチア駅目前の小さな駅で

皆一斉に下船。

 

( ゚д゚)(゚д゚ )固まる2人

 

を見るに見かねてか、見知らぬお兄さんが

ここから先は船が行けないから、ここで降りて歩いてサンタルチア駅まで行くんだよ

的なことを教えてくれる。

 

 

 本当にもう!!

現地の人なのか観光客なのかは分かりかねますがね!!

見知らぬJapaneseにいちいち教えてくるなんて

そんなの・・・・・

 

 

 

f:id:sakasama0909:20170408084958j:image

Again!!

 

 

はー!!!本当優しいな!!

心打たれながらも、きちんとお礼は言うことは出来たので、そのままサンタルチア駅まで歩いて向かいます。

 

 

どうやら水位が高くて橋をくぐれなかったっぽい。

確かに何かしきりにアナウンスはしてたけれども、こういうことだったのか。

ホント教えてくれたお兄さんに感謝。

 

 


f:id:sakasama0909:20170408090805j:image

 地図上で見れば目と鼻の先ですがね・・・。

 


f:id:sakasama0909:20170408091254j:image

 駅へと続くこの最後の架け橋が・・・。

こやつが・・・。

 



f:id:sakasama0909:20170408124119j:image

 ☆スーツケースキラーBridge☆

めっちゃ試してくるよ!!

さあ、頑張れ!!頑張るんだ旦那!!

 

ーーーそう、我々のスーツケースは1つなのだ。

ヨーロッパ旅行にスーツケース1つでよく行けたもんだ、全く。

 

 

眺めはいいから撮っちゃうよね。
f:id:sakasama0909:20170408092415j:image

 

 

 カナルグランデ通るルートならサンタルチア駅

まで行けたんだろか。

f:id:sakasama0909:20170408092447j:image

 

(旦那のおかげで)なんとか、試される橋をクリアして、サンタルチア駅へ。

 

 

無印だーー!!
f:id:sakasama0909:20170408092800j:image

こんな駅前に。ガンバレーー!!

 

 


f:id:sakasama0909:20170408092928j:image

旦那に荷物番をお任せして、私は昼ごはんの調達に。

 

駅構内のバルみたいなところは激混みだったんで、駅の隣にある商業施設っぽいところでパニーノを買う。

 

 

若いお姉ちゃんが1人でテキパキ切り盛りしてて、セットメニュー頼んでお代金ピッタリ払ったつもりが、返金してくるじゃんね。

なんでかな?と思ったら

 

「セットのドリンクをSサイズで注文してて、標準より小さいからその分返金します」的なことをおっしゃる。

 

( ´▿` ∗).。oO(ちょっとぐらい、チョロまかしてもええんやで・・・・・

 

ほんわかした所で駅へ戻り、外で座ってパニーノを頂く。

 

お姉ちゃんには悪いけど、こういう所にあるフランチャイズっぽいパニーノ屋だし、多分おいしくないだろなと思ったら

めっちゃうまかった。

疑ったりしてごめんよ、お姉ちゃん。

 

 

腹ごしらえも済んだところでそろそろ構内へ戻り、私はお約束のFlying Tigerへ行き時間を潰すのだ。

とけいのはりは、みまちがえないようにします。

と旦那と約束をして。

 

 

ちゃんと15分前に出るつもりで出口付近に行ったら、心配になってか店内を伺う旦那の姿が。

どんだけ心配性なんだか。

(´-`)く そんだけの事をフィレンツェでしでかしたんだよ。

 

さあ無事に出発ホームも発表されて、いざ車内へ乗り込みます。

 

ヴェネツィア 13:20発  Freccia bianca 9726便

ふれっちゃびあんか。

白い矢。

 

ーーーことごとく洒落た名前つけやがって!!

 

☆おのぼりさんだからことごとく反応しちゃうんだね!!

イタリア旅行記 【47】ディナーとボラーれ

 

 

ゴンドラが終わったら、次はお待ちかねのディナーへ。 

 

Le Maschere


 
Le Maschere (ベネチア) の口コミ205件 - トリップアドバイザー

 


ディナー+ゴンドラツアーをセットでお願いしたんで、あらかじめ決められたメニューから選ぶ方式。

飲み物は別料金だったり、追加メニューも別料金であり。

 


注文までガイドさんがしてくれて、そこから先はお別れ。

 


 


店内。
f:id:sakasama0909:20170405091845j:image
ろうそくと葉っぱ・・・

キャンドルとグリーンが素敵です。


想像よりもずっとお高そうなレストランで、ド緊張する2人。

 


( ´ω`; )く テーブルクロスが真っ白。


( 'ω' ;)く ウエイターさん、スーツ着てる。

 


テーブルクロスの真っ白さと店員スーツ着用にビビる2人。 


 


( ´ω`; )く ピアノのなまえんそうだー

 

( 'ω' ;)く このきょく、はじめてきくー

 


おそらく有名曲だろうけど教養のない2人ですから。 


 


思いのほかオシャンティなレストランで、普段とんちゃん焼きばっかり行ってる夫婦は緊張しっぱなしだよ!!

 

 

肝心のお食事は・・・

 

 

前菜 クモガニのサラダ
f:id:sakasama0909:20170403080516j:image

※別料金で追加したやつ。

とりあえずお洒落な味でした。

 

 

イカスミのパスタ
f:id:sakasama0909:20170403080742j:image

ジュデッカ島のリベンジ。

 

 

 ボンゴレパスタ
f:id:sakasama0909:20170403081159j:image

私が旦那の写真撮ると大抵ブレる不思議。

ブレを活かして加工しといたよ(●´ϖ`●)

 

 

ステーキ
f:id:sakasama0909:20170403081446j:image

そろそろ肉が食いたい旦那

 

 

牛肉のソテー
f:id:sakasama0909:20170403081640j:image

そろそろ肉が食いたい妻

 

 

本番ティラミスとジェラートというかアイス
f:id:sakasama0909:20170403081756j:image

 

 

 結論:イカスミパスタはうまい。

   ヴェネツィアでは魚食おう。

 

イカスミパスタが超うめぇーーーーーー!!ひゃっはー!!!

多分トマト的なもので味付けしてあるんだけど、私がイカスミパスタに求めてたものが今まさにここに!!

 

濃厚・まろやか・ねっとり!!!

 

そんで、トマトのおかげでくど過ぎない味で、イカスミパスタは超おいしいものだという飯リストに上書き保存されました。

 

 

肉は至ってフツーなので

海の街では海のもの食べよう

と思いました。

どんだけ肉食いたかったんだよ。

 

 

 食後のティラミスがこれまたうまいの!!

 

元々ティラミス好きじゃないんだよ。コーヒー味のお菓子が好きじゃないのと、スポンジケーキが邪魔にしか思えなかったんだけど

ここのは超うまし!!

 

雰囲気はめちゃくちゃ良くて、ウエイターさんもキチッとしてて満足致しました。

 

 

 

・・・そう、この店で終わりにしときゃ、良い1日だったものを・・・

 

 

( ^ω^)く ちょっとブラブラしてホテル戻ろうか

( ˙ϖ˙ )く 飲み足りない。もうちょっと飲みたい。

( ^ω^).。oO(さっきデキャンタワイン1人で飲んだじゃん。

 

旦那がもうちょっと飲みたいとほざk・・・言う。

 

 

あらかじめチェックしてたエノテカなんて、昨日激混みしてたのに、土曜日のこの時間帯なんて行ったところで無駄。

 

正直、1日動きっぱなしで結構疲れてるから、あんまり遠くには行きたくない。

 

酒飲めない私は、面倒以外の何者でもない。

 

 

そして、下調べもしていない近くにあったここに入ってしまったのです・・・

 
Pizzeria da Toto (ベネチア) の口コミ34件 - トリップアドバイザー

 

お店入ってすぐが軽く飲むスペースで、奥がガッツリ食事するレストランスペースになってる。

入った瞬間はめっちゃウェルカムテンションで奥のレストランスペースに誘導されそうになったから、「軽く飲むだけだよーこっちの飲みスペースがいいよー」みたいなのをジェスチャー交えて言った瞬間、なんかテンション低めの雰囲気に変わったのさ。

 

それを察した瞬間に出てきゃよかったんだけど、

もう私はめんどくせえの。早く終わらせたい。

っていう気持ちが強くて、とりあえず飲みスペースに着席。

 

ハウスワインのグラスが欲しいつってんのにめっちゃボトル勧めてくるしさ、メニューも見せてくれない。

 

ハウスワインを貫き通してグラス2杯と、カウンターに並んでる魚介盛り合わせを注文。

さすがに2人で1杯はね。旦那にほぼ飲んでもらうということで2杯オーダー。

f:id:sakasama0909:20170405102017j:image

盛り合わせもいくらなのか聞いたら、

「・・・Ummmm・・・・・    15EUR」って。

 

おい、そのUmmmmは何だよ、

なに考えて金額言ってんだよ。

 

メニュー見せて!とか高いね!って言ったりゃよかったんだけど、この当時はとっさに

「Can I see the menu?」

なんて高難度な技を出せなかったんだよ、そんななのに個人旅行してんだよ。

 

これ、ボラーれヴィーアされてんだろなと薄々思ったんだけど

もう私はめんどくせえの。早く終わらせたい。

 

 

はい、お会計。
f:id:sakasama0909:20170405103331j:image

たっけーーーーーーー!!!

 グラスワイン1杯8ユーロ。

 

ハウス‐ワイン【house wine】

レストランが独自に注文して作り、客に提供するワイン。グラスで注文できる割安のワインをいう場合が多い。(goo辞書より)

 

 たっけーハウスワインだな、おい。

いままでイタリアで飲んだハウスワインはだいたい1杯2~3ユーロ。

 

魚介の盛り合わせだって昨日ジュデッカ島で食べたやつのがもっとうまいし、なんならブラーノ島で食べたテイクアウトのフリットの方がレベル高いわ。

 

 

だが、金を払わない訳にはいかぬ。

グラスワインもハウスワインだからって高をくくった私らが甘かったのよ。

だいたい、たっけーなおい なんて英語でとっさに出てこない。

 

くっそ最悪な気分で店を出る。

 

腹ん中では旦那に対して

 

(╬⊙д⊙).。oO( オメーがもうちょい飲みたいなんて言うからだよ。飲みたいなら自分で店探すか、早い時間にスーパーでワイン買ってこいよな、このハゲが。

 

って思ってましたがね、そんなこと旦那に言ったところで何にもならないからね、

 

(^ω^)く まぁあれだ!ボラれたと思うけど、次からは事前にチェックしたとこ以外行くのはアカンってことだわ! 何万ボラれた訳じゃないし、いい勉強になったじゃん☆

 

(´◦д◦`)く ・・・・・うん。

ボラーれヴィーアをくらって相当ダメージをくらっている旦那。

 

(#^ω^)く もうホテル帰ってとっとと寝ようぜ☆

(オメーはあのクソッタレ店員と一言も喋ってねぇし、グラスワイン2杯飲んだくせに嫌な気分をそのまま出すなよな)

 

 

ホテル戻って寝る準備して、ぜってーtripadvisorでボロックソに書いてやんかんな!!と誓ってソッコー爆睡した私と違い、まだ傷が癒えないヘタレ旦那はその夜なかなか眠れなかったようだ。

 

☆ヘタレなくせにナイーヴなんだから本当に面倒くさいよ!たまに旦那が猫だったらなと思う時はこういう時だよ!

イタリア旅行記 【46】ゴンドラに乗って


 

サン・マルコ周辺は激混みだからということで、空いていそうな乗り場までガイドさんに連れられて街を歩く。

 

どっかのゴンドラと契約してるのかなと予想してたけど、そうじゃないのね。

 

 

結局、その日訪れたアカデミア橋を渡った所まで行き、そこからゴンドラ体験スタート(´▽`)

 


f:id:sakasama0909:20170402222523j:image

ゴンドリエーレさん、スマイルプリーズ!!

 

ガイドさんいわく・・・

 

彼は貴族出身で、元々召使い付きのお家に住んでいたんだけれど、色々あって今はゴンドリエーレとして生活をしている。

 

でも毎日毎日ゴンドラに乗るだけで、こんな生活はもう嫌だ。日本に行きたい。日本に行けば裕福で素敵な生活が出来るはずだ。

 

由緒ある貴族出身だから、どなたか結婚して下さる女性はいないだろうか。

 

 

・・・いねぇだろな(笑)

「元貴族」ってあんたそれ、この世の中で1番胡散臭い肩書きじゃないすか。まぁ、軽いヴェネツィアジョークをかましただけなんだろけどね。

 

でも、ゴンドラに乗るのが嫌だとか、日本に行きたいだとか・・・

 

 

ここでゴンドラ乗ってる方がいいと思うよ、絶対!!

 

 

 

 さてゴンドラ体験は続きます。

 

 

水上バスと違って目線が低い!
f:id:sakasama0909:20170402230611j:image

 

ガイドさんがヴェネツィアの成り立ちを教えてくれました。
f:id:sakasama0909:20170402230658j:image

資料はイタリア語だけど、もちろん日本人のガイドさんでぜーんぶ日本語でしたよ。

 

 

水上バスは通らなさそうなルート。
f:id:sakasama0909:20170402230950j:image

 

 

造船所を通ります。
f:id:sakasama0909:20170402231239j:image

 

 

ゴンドラの装飾。

金ピカ☆
f:id:sakasama0909:20170402231318j:image

 


水位が高い時はどうやって橋くぐるのかな?
f:id:sakasama0909:20170402231422j:image

 

たまに写真を撮られてちょっと恥ずかしい。

※人様のゴンドラ写真を撮りまくってるヤツが言い放った言葉だよ!
f:id:sakasama0909:20170402231543j:image

 

 

狭い水路を抜けてカナルグランデへ。
f:id:sakasama0909:20170402231957j:image

※目の前に見える豪邸が、ゴンドリエーレさんが以前住んでいたお家だそうです。

まだ言ってるし(笑)

 

 

★ガイドさんクイズ★

写真の豪邸のようなお家の場合、住み込みの召使いさんは、どの階にお部屋があるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

正解は・・・

意外! それは 最上階ッ!

 

おいおい召使いなのに最上階!?って思うんだけどこういうのは大抵、

最上階は夏はあっつい・冬はさっむいのダブルパンチなんだと。 

 

だからよく見ると、最上階の窓は他に比べると小さく作られてるのがわかりますよねって。

最上階の窓が小さい所は、住み込みの召使いを雇っていた所ですよと。

なるほどざわーるど!!

 

 

 

いい感じに薄暗くなってきたー!
f:id:sakasama0909:20170402233957j:image

 

 

アカデミア橋!
f:id:sakasama0909:20170402234221j:image

 

 

うっひゃー!!照明ーー!!
f:id:sakasama0909:20170402234250j:image

 

 

サルーテ教会が見えるー!
f:id:sakasama0909:20170402234425j:image

いい感じになってきたところで・・・

 

 

~これにてゴンドラは終了~

 

 

 

うーんとね、やっちまった点が3つ。

 

①水位が低かった。

②ゴンドラ渋滞にビビったせいで、混んでない水路をリクエストしたこと。

③時間帯が早すぎた。

 

 

ほぼ全てにおいてやっちまったんじゃね?っていうのはさておき、

初ゴンドラを安心して乗れたり、通訳してもらえたのはありがたかったです!!

 

でも、もし次の機会があるなら・・・

 

ゴンドリエーレとの交渉は、心配だったら終わる時間と金額をメモに書いて確認しあったりして、

現地についてから分かるベストな時間帯で、

渋滞があろうがなかろうが、メイン通りを通ってもらおうと思います。

 

 

初めてのゴンドラ体験が終了。

次はお待ちかねのディナータイムへ。

 

イタリア旅行記 【45】サルーテ教会

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
f:id:sakasama0909:20170331103225j:image

 

略してサルーテ教会。
f:id:sakasama0909:20170331103631j:image

 

 

 入口横の像を撮ってみたらマタイ像ということがWiki先生で判明。
f:id:sakasama0909:20170402144715j:image

 

 

中に入るよー。

入場無料はありがたや。
f:id:sakasama0909:20170402145342j:image

 


巨大な八角形の造りなんだと。
f:id:sakasama0909:20170402134301j:image

 

小さなキャンドルが。
f:id:sakasama0909:20170402133610j:image

 


f:id:sakasama0909:20170402134015j:image

 

 

所々飾ってあるランプが印象的。
f:id:sakasama0909:20170402134039j:image

 

 

 

マッジョーレ教会もそうだったけど、このサルーテ教会も白を基調としてて落ち着いた印象の教会で、そんなに混んでなくてゆったりしてました。

 


f:id:sakasama0909:20170402134612j:image

 教会を出て海沿いを歩きます。

 

 

 

ちょこっと見えるサン・マルコ寺院の丸屋根の可愛いことよ。
f:id:sakasama0909:20170402134714j:image

 

 

もう少し先に行けばマッジョーレ教会も見える。こうやって見るとヴェネツィア本島と鐘楼のデザインがほぼ同じなんだね。
f:id:sakasama0909:20170402135049j:image

 


 
またサルーテ教会の方に戻って・・・
f:id:sakasama0909:20170402135529j:image

 

 

教会の階段に座ってまったり。
f:id:sakasama0909:20170402135819j:image

 

 

当たり前なんだけど、空が日本と同じ「秋の空」だったから、空はどこまでも続いてんだなとポエマーみたいなこと言ってみる。
f:id:sakasama0909:20170402135946j:image

 

 

さて、クサいポエマー気取りになる前に一旦ホテルに戻りまーす。

 

 

教会の目の前の水上バス駅から帰るよー!
f:id:sakasama0909:20170402150338j:image

 

 

乗り放題のチケットでも機械でピッしてから乗ります。
f:id:sakasama0909:20170402150418j:image

乗り放題券だったから、最初のスタート時だけピッとするのか、毎回するのかがよくわからんかったから

とりあえず毎回ピッしときました。

 

ピッすると、ちゃんと機械の画面に何日の何時までって有効期限が表示されるんで安心でした。

 

ちなみに72時間券で1人40ユーロでした。

高い!!

けど、毎回買ったりするの考えればね。

 

 

 

さて、水上バスからパチリ☆

遠くからでもわかる人の多さよ。
f:id:sakasama0909:20170402151643j:image

 

到着!!
f:id:sakasama0909:20170402151952j:image

向こうにサンマルコ広場へ続く橋が。

なんか橋がえっらいことになってる(笑)

 

ま、ホテルには反対側からサッと行けるんで、あの橋は通らずに回れ右。

 

 

回れ右したら

ゴンドラが渋滞中。
f:id:sakasama0909:20170402152517j:image

多分もう終わって帰るとこだと思うけど、ゴンドラでメイン所回る度にこんな混んでたらさ・・・風情も何もないよね( ˘~˘٥ )

 

 ゴンドラが渋滞するなんて思ってもみなくて不安な2人。

なんでヨソの他人様が乗ってるの見て不安になってるのかって?

 

 

だって今からゴンドラ乗りに行くからです!!

 

 

やっとヴェネツィアらしいことをする2人。

 

これもね、個人で行くからには自分達でゴンドリエーレさんにお願いするわけじゃん。

 

で、ネガティブ体験談ばっかり見るなよって思うんだけど

 

時間いっぱいまで乗せてくれない

料金は一定で決まってるはずなのに高く請求された

 

 

とかを見ちゃうと、

 

:(´・ω・)ω・`): コワイヨー 

:/⌒ つ⊂⌒ヽガクブル

ってなるヘタレ夫婦だから、高くつくけど現地のオプショナルツアーで申し込みしようと。

 

 

いつもお世話になりますアーモイタリアさん。

http://www.amoitalia.com/venezia/tour_gondola.html

 

ガイドさん付きで、ホテルまで迎えに来てくれて、ゴンドリエーレさんへの交渉も代わりにしてくれて安心。

 

任せっきりのゴンドラ体験が、今始まる!!

 

☆次回へ続く!

イタリア旅行記 【44】アカデミア橋

長かったブラーノ島編も終わり、ヴェネツィア本島に戻ります。

 

帰りも行きと同じ季節運行の14番線に乗って、S.ZACCARIA駅へ。

 

 

ヴェネツィアでヨットなんて羨ましい。
f:id:sakasama0909:20170328105434j:image

 

 

あんまりにも暖かくてポカポカしてるから、帰りの船で2人ともウトウト。
f:id:sakasama0909:20170328105722j:image

 

 

ホテルでちょっと休憩してお出かけ!

初日に小規模な池が誕生してたあの道路も、すっかり元通りに。

 

 

 

ホテルの近くにこんな建物が。

f:id:sakasama0909:20170328105852j:image

教会?聖堂?

 

 

 

 

ホテルの立地と行きたいスポットの都合上、だいたいサン・マルコ広場を横切るルート。

 

 

f:id:sakasama0909:20170328110452j:image


f:id:sakasama0909:20170328110555j:image

なんつー 人の多さ!!

すげーな!!土曜日のヴェネツィア!!

 

 

 

さて、そんな人混みを横目に島の内側に入って行くよー。

 

 

f:id:sakasama0909:20170330084129j:image


f:id:sakasama0909:20170330084202j:image


f:id:sakasama0909:20170330085106j:image

人いない(笑)

皆、一体どこに行ったの?

 

 


f:id:sakasama0909:20170330084822j:image

サン・マルコに行ってんだよー( ˆoˆ )/

 

 

 

 

明るさのコントラストくっきり。

f:id:sakasama0909:20170330085300j:image

 

ここの路地裏たまらん!

f:id:sakasama0909:20170330085323j:image

 

格好いいゴンドリエーレのおっちゃん。
f:id:sakasama0909:20170330085849j:image

 

サン・ステファノ広場。

f:id:sakasama0909:20170330090134j:image

 

サン・マルコ広場から歩いてきたんで、多分どっちかのルートで来たはず。

適当すぎ( ¯―¯٥)
f:id:sakasama0909:20170331094812j:image

 

 

 広場のカフェ。

お外で食べるの好きだよね、皆さん。
f:id:sakasama0909:20170331072646j:image

 

 

 

 さてさて、

ただやみくもに歩いてるのではなくて、目的地がちゃんとあります。

 

 

ここだよー!
f:id:sakasama0909:20170331080522j:image

 

 

 

お!なにやら木で出来てる!

f:id:sakasama0909:20170331081101j:image

 

 

木の橋といえば!

アカデミア橋

f:id:sakasama0909:20170331084646j:image

ヴェネツィア到着日に見たあの橋。

 

 

 

聖堂が見えるこの橋が、1番の写真スポット。
f:id:sakasama0909:20170331084839j:image

  

 

反対側からもパチリ☆
f:id:sakasama0909:20170331090016j:image

 

 

アカデミア橋を渡って、橋から見えた聖堂に向かいまーす!


f:id:sakasama0909:20170331095530j:image

 

 

 

 


f:id:sakasama0909:20170331092854j:image

★から撮った写真。
f:id:sakasama0909:20170331095010j:image

アカデミア橋からほんのちょっと離れただけでこの静けさ。

 

 

 

到着!!
f:id:sakasama0909:20170331103331j:image

イタリア旅行記 【43】ブラーノ島の猫

ブラーノ島の写真、撮りすぎ。

 

 

なんじゃこの

フレッシュ夏の扉を開けそうな家は!!
f:id:sakasama0909:20170327222634j:image

木にはリボン飾ってあるし、プランターとかも黄色でお揃いだし!!可愛いは作れるんやな。

この可愛いプランター、三毛猫の顔の形に見えるのは私だけ?? ฅ^•ω•^ฅ

 

 

 

視界が開けて気持ちがよい。
f:id:sakasama0909:20170327230610j:image

 

玄関のカーテンがまた可愛いのなんの。
f:id:sakasama0909:20170327230750j:image

 

ここのお家、お花飾ってあってホント綺麗だった。秘密基地みたいなベランダついてる! 
f:id:sakasama0909:20170327231025j:image

 

 

 配線的なものもちゃんと塗って統一する徹底っぷり。それなのにこんな雑コラごーめんね!
f:id:sakasama0909:20170327232717j:image

 

 

紫のお家の前にゲージが。

出てすぐ水路だと色々あんだね。
f:id:sakasama0909:20170327231439j:image

 

 

こんなカラフルな路地裏見たことないや。
f:id:sakasama0909:20170327233109j:image

 

 

ここの並びホント好き。

それにしても水位高いな。
f:id:sakasama0909:20170327233134j:image

 

 

 駄目だ、もう可愛いしか言えねぇよ。

f:id:sakasama0909:20170327234015j:image

 

 

メイン通りから離れているからとっても静か。

誰もいないし・・・・

 

 

と思ったら!!

 

 

 

こんな可愛らしい子が♡︎
f:id:sakasama0909:20170327235038j:image

 

ちょっと警戒してる・・・
f:id:sakasama0909:20170327235130j:image

 

 

「ほら、怖くない。怖くない。
ほらね、怖くない。ね。
怯えていただけなんだよね。」

 

風の谷一族を装う。

 

触らせてくれた!!
f:id:sakasama0909:20170328001502j:image

 

かっわえーーーー!!
f:id:sakasama0909:20170328001748j:image

毛並みモフモフモフ!!

 

 

まさしくゴロにゃーん
f:id:sakasama0909:20170328001947j:image

 

 

まさしくペロにゃーん
f:id:sakasama0909:20170328002101j:image

 

おや・・・?

あっちにもう1匹いる!!よーーし!!
f:id:sakasama0909:20170328002151j:image

 

 

 

「あの、触っても・・・いいかな・・・?」

 

 

 

f:id:sakasama0909:20170328002318j:image

「触んじゃねぇよ」

 

 

☆シャーされたからやめといたよ!

イタリア旅行記 【42】ブラーノ島満喫

ブラーノ島を満喫中!!

 

 

島全体が何かのテーマパークみたいなブラーノ島

f:id:sakasama0909:20170327183356j:image

 
f:id:sakasama0909:20170327183119j:image

 
f:id:sakasama0909:20170327183754j:image

 

 

元々、濃霧の時でも漁師さん達が自宅がどこなのか分かりやすくするために塗られた色。
f:id:sakasama0909:20170327184035j:image 

 

見間違えないために、近くの家とは色がかぶらないようにしたからこんなにカラフルに。
f:id:sakasama0909:20170327184308j:image

 

あえて観光地として作った訳じゃないから出せるこの雰囲気。
f:id:sakasama0909:20170327184427j:image

 

 

こんな素敵な光景、ここでしか見られないよね。ね、おっちゃん・・・。
f:id:sakasama0909:20170327185206j:image

 

 

 

あひゃー!!ヽ(°∀。)ノ
f:id:sakasama0909:20170327184836j:image

ブラーノの斜塔発見!! 

 

船からブラーノ島が見えた時から、傾いてることにいつツッこんでやろうかと思ってたけど、
f:id:sakasama0909:20170327211602j:image

まずはカラフルから!!

まずはメルヘンから!! 

って後回しにしてたんだよ。

 

 

この島で圧巻なのは異常な傾きを見せる鐘塔である。イタリアにはピサの斜塔をはじめとしていくつもの斜塔が存在するが、美術評論家の木島俊介はエッセイの中で、この塔を指してその傾斜が「イタリア第一」とまで評している。島に向かうヴァポレットからも確認できる、ブラーノの象徴である。30メートルほどの高さがあり、建造は15世紀という。【Wikipediaより】

 

 わーい!イタリア第一の傾斜見れたよー。

 

 

ん・・・?

 

イタリアにはピサの斜塔をはじめとしていくつもの斜塔が存在するが

 

え・・・?そうなの?

 

イタリアってそんなに斜めの塔ばっかりで

大丈夫なn・・・?
f:id:sakasama0909:20170327213430j:image


f:id:sakasama0909:20170327214541j:image

 

 

 

 

どんどん歩くよー。

 


f:id:sakasama0909:20170327214850j:image

 


 ん・・・?

 



f:id:sakasama0909:20170327220522j:image

 

 

これ何なn・・・?
f:id:sakasama0909:20170327220550j:image


f:id:sakasama0909:20170327221318j:image

 

同じ振りなりボケなりを「重ねる」「繰り返す」事を、天丼と言います。

 

 

☆天丼より海老フライ卵とじ丼の方が好きでかつやでよく食べるよ!