読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語もさっぱり夫婦の海外個人旅行

ブログ初心者。その時起きた事や思ったことは、どうでもいいことでも書きます。言葉使いもキレイではないです。

マルタ島旅行記 【3】空港で出会った御方

 

ヘルシンキからマルタ島への機内の中は、家族連れの皆さんで満席。

 

皆、すごいキャッキャウフフしてて、機内のあのうるささに勝つザワつき具合。

 

( ˘ω˘ ).。oO(なんで皆こんな元気なの)

 

前の席の北欧boyに至っては、後ろにいるJapaneseが珍しいのか、隙間から握手してきたりとウza・・・可愛らしいちょっかいをかけてきたりね。

 

( ˘ω˘ ).。oO(なんで私らだけこんな疲れてんの)

 

 

ヒント: 時差

 

そう、時差で苦しんでるのは私ら夫婦だけで、見渡す限り北欧からバカンスを楽しみに行く人ばかり。東洋人なんていない。

 

それはマルタ島に到着してからも同じで、手荷物受取場も何機か合流して結構な混雑っぷりだったけど、そこに東洋人は見当たらない。

 

まだレーンも回ってないから、お手洗いでも行こかねと列に並ぶ。

その時入り口から出てきたのは東洋人!!

 

(  ˙▿˙ )!! .。oO(わっ!!日本人っぽい!!)

 

!!(* . .)⁾⁾ ぺこり

 

(  ˙▿˙ ) .。oO(会釈されたよ。礼儀正しい。)

 

(  ˙▿˙ )!! .oO(どっかで見たことある!!)

 

私の目の前を通ってご丁寧に会釈までしてくれたのは、

眉毛を書く前の世界の果てまでイッテご活躍されている御方でございました。

イモトアヤコの地球7周半

イモトアヤコの地球7周半

 

 

 

まわれ右。

 

追っかけてって何するつもりだ貴様って感じだけど、有名人に会うと考える間もなく体が動くんだね・・・。

手荷物受取場に向かうと、あぁもうスタッフさんらしき人達の輪に入ってかれて、とてもじゃないけどその輪には入れない。

 

 

しかしまた!!

なんて肌が綺麗なの!!プルプルツヤツヤ!!

そして、なんて小柄なお嬢さんなの!!

こーんなちっさい子が、キリマンジャロ登ったりとかしてんの!?

 

 

尊敬の念。

一言も会話もしていないのに、その一瞬だけで毎週イッテQを録画するようになったのである。

 

ご本人かどうか確認取ってないけど、旦那にも確認してもらったり、速攻でご本人のTwitter見たりとかストーカー紛いの行動取ってだね、

どうやらご本人のようです。(自身調べ)

 

 

あんだけクソネミだったのに、一気に眠気がブッ飛んで、ベンチに座ってスーツケースを待つ。

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)ノく Hi

( ´ㅁ` ;)く ハイ

 

 旦那が隣の外国人のお兄ちゃんに話しかけられる

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)ノく Do you have ▲○◆~?

 ( ´ㅁ` ;)く ヤバイヨヤバイヨー!何か言ってるよ!!

 

 

旦那が出川と化しているのを横目に、もっかいちゃんと聞く。

 

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)ノく スマホsimカード抜く時のピン持ってますか? とおっしゃっている!!

iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン

iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン

 

 

んなもん・・・

YE━━━ d(゚∀゚)b ━━━S!!

そう、持ってた。

 

こっちもsimカード抜いておきたいから、ピンをすぐ出せるように手荷物に入れて持ってた。

 

快く貸出しましてね、お相手も喜んで下さいましてね、会話をすることになったんですよ。

 

ホンヤクコンニャク~☆

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)く どこから来たの~?

 

(;•̀ω•́)く 日本です!

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)く japan!! コンニチワー!!トウキョウ!!

 

(;•̀ω•́)く あなたはどこから来たの?

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)く デンマークだよ!

 

(;•̀ω•́)く でんまーく・・・

(;•̀ω•́).。oO(でんまーく!?)

 

デンマークについて誰か良い返しを教えてくれ!!

 

結局、「でんまーく、OK!!」しか言えなかったよ・・・。何がOKだコンチクショーめが。

 

会話が弾まない私と違い、お相手ときたら

マルタ島は初めて?」

「何日いるの?」

「ベストな日数だね!」

「いいところだから楽しんでね!」

 

語学力うんぬんじゃなくて、

コミュニケーション能力の差よ。

 

デンマークの御方との会話を終え、スーツケースも無事に受けとりホテルへ向かいます。

どうやって?

また空港まで迎えにきてもらってるよ!!!

 

 

☆コミュ、プリーズ!!

マルタ島旅行記 【2】ヘルシンキ空港再び。

 

マルタ島到着までは、前回と同じフィンエアーヘルシンキ空港乗り継ぎです。

 

 

セントレアヘルシンキ

f:id:sakasama0909:20170416204028j:image


ヘルシンキ➡マルタ

f:id:sakasama0909:20170416204044j:image

 


航空券は色々調べた結果、

surpriceっていうHISグループの会社のwebで契約しました!



f:id:sakasama0909:20170416204056j:image

 一緒に海外旅行保険も申し込み。

とりあえず、持ってるカードの付帯保険だけじゃ心配なんで毎回どこかで契約してます。

 

あと、前回の教訓を活かしてセントレアヘルシンキ間はエコノミーコンフォートシートを予約!!

これはフィンエアーのHPで座席指定する時に、1人片道7320円で注文。

 

1回使った空港ってのもあって、前より変な緊張もなくセキュリティチェックを突破!!

 

ポケットに何か入っていますか?

の質問にも、

NOと返答できるこの成長ぶり・・・。

 

 

ヘルシンキ空港の電光掲示板。

f:id:sakasama0909:20170416204148j:image

マルタ行きは上から3番目。

29番ゲート、歩いて2分だよ。

 

よし!!じゃあ入国審査の前に軽食でもということで、カフェ的なところでチョコパンと、

おやまあ、sparkling waterが思いのほか安いじゃないですかということでペットボトルの炭酸水を購入。

 

店内のカウンターに座ってしばし休憩。

さて炭酸水飲みましょ。

 

カチッ。

 

ん?

プシュッ!

っていわねぇな。

そうか、海外のやつはいわねぇのか。

 

 

・・・・・

 

 

ただの水だ( ˙ϖ˙ )

 

あれ!?なんで!?

sparkling waterって書いてあったじゃん!!

 

確認。

よくみたらspring waterだった。

 
f:id:sakasama0909:20170416172627j:image

己の語学力の無さにな。

 

職場ではまことしやかに

「個人で行ってるからには、そりゃあ英語喋れるんでしょ。」

と有り得ない嘘が出回っているんだよ・・・

 

見てご覧よ、コイツはスパークリングとスプリングの区別もつかねぇ奴だよ!!

 

まぁでも、ただの春の水でよかったな!!

ということで、入国審査して搭乗ゲートに向かいましょか。

 

入国審査も機械化されてて前回やってるからヘッチャラだもんね~と意気揚々と向かうと・・・

 

 

【機械化 故障中】

 

対面式の入国審査へとまわされる。

 

( ´ㅁ` ;)く 喋る練習なんてしてきてねぇYO!!

(;•̀ω•́)く なんだっけ?パーパスとかオキュペイションとか!

 

・・・・・

 

 

( ͡° ͜ʖ ͡° )く How many days?

 

(;•̀ω•́)く ファイブデイズ

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)く Sightseeing?

 

(;•̀ω•́)く イエス

 

 

【終了】

 

次の旦那は大丈夫だろかいという心配をよそに

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)く ・・・・

 

( ´ㅁ` ;)く ・・・・

 

 

【終了】

 

どうせさっきの人の旦那でしょ、はいはい妻から聞いてまっせ!!

と言わんばかりに、一言も会話せず入国審査を突破。

 

・・・・機械化の操作でアタフタするより、従来の対面式で入国審査した方が早くね?

 

まぁでも、機械化の方は利用できるお国が決まっておるので、大混雑に巻き込まれた場合は機械化のがスムーズなんでしょうね。

 

ちょっとドキドキはしたものの、入国審査も難なく終え、マルタ島へ飛び立ちます!!

 

マルタ島旅行記 【1】それって、どこ?

マルタ島

 

そう、2016年の海外個人旅行はマルタ島

 

家族・友達・職場の人に口を揃えて言われたのが

 

「それって、どこ?」

 

 

 

ここだよ!!


f:id:sakasama0909:20170416204315j:image

https://goo.gl/maps/gYnVZKwXcim

イタリア半島の真下にあるのがマルタ島

 

 

( 'ω'o[ マルタ島って? ]o

 

  1. ちっさいながらも1つの国、マルタ共和国
  2. イギリスが関わってたから、車は右ハンドルの左側通行だよ。
  3. だから公用語が英語だよ。
  4. だけどご飯はうまいよ。
  5. イタリアの真下だけど治安めっちゃいいよ。
  6. 日本メーカーの中古車輸入してるし、マルタからはマグロ輸出してるよ。
  7. 世界遺産ももちろんあるで!!

 

 

前年のイタリア旅行で各都市を回るのがしんどかったのもあって、次は1都市滞在じゃー!!と色々探した結果、マルタ島にたどり着いたのであった。

 

しかしここで問題が。

 

 

ガイドブックが全然ない。

 

 

かろうじてあったのがこれだけ。

A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018

A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018

 

 

南イタリア」と「マルタ」

ってなってるけど、これは

「ほぼ南イタリア」と「おまけでマルタ」

ってな感じ。

 

 

あんまり日本人行かないのかなって思ったんだけど、その割にはいつもお世話になっておりますTripadvisorさんを見ると、結構日本人のレビューが!!

 

前回利用したフィンエアーも季節就航便でヘルシンキから飛んでるみたいだし、情報は少ないけど1都市滞在(1国だけどね!)だから何とかなるでしょ╭( ・ㅂ・)و ̑̑

 

ということで。

 

2016年9月13日出発・19日帰国で、

マルタ島旅行記のスタートです!

 

イタリア旅行記 【52】帰国して完結

10月19日

 

帰国の朝。

残念ながら最後までオール英語だったホテルをチェックアウトして、空港までは電車で向かいます。

 

Cadorna FN https://goo.gl/maps/WWUiekQfJdF2

 

このCadorna駅から出てるマルペンサエクスプレスに乗ります。

 

外から直接マルペンサエクスプレス行きのホームに入れる模様。その手前にある券売機で乗車券も買えて、駅構内に入らなくても済んで楽チンでした。

 

この時はまさか、こんな風にブログを書くとは思ってもみなくて、ミラノからヘルシンキまでは1枚も写真撮ってない。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

フィンエアーのチェックインは行きと同じくwebで完了済みだから、ミラノの空港でも荷物預けるだけ!!

 

隣にはセントレアとは比べものにならない大行列のチェックインカウンターが。

 

 

(ง ˃̣̣̥౪˂̣̣̥ )วく クッ・・!これが大都市と地方の差・・・!!

 

注目すべきはそこじゃねぇ、

事前webチェックインの便利さに感謝!

 

マルペンサ空港も初めてでしたけど、誰かに何か聞かないと進めないわけじゃなく、問題なく搭乗手続きへ。

だけども、セキュリティチェックはびっくりするくらいの大行列だったんで、早めに並んどいて良かった!!

 

11:25 ミラノ発 AY794便

 

なんの問題もなくミラノからヘルシンキ行きの飛行機は飛び立ち、定刻通りにヘルシンキに到着!!

 

 

2時間弱の乗り継ぎ時間も、時間を持て余すくらい余裕のヘルシンキ空港。

 

 

とりあえず腹ごしらえじゃい!!ということで、

https://www.finavia.fi/en/helsinki-airport/services/food-beverages/restaurant-nordic-kitchen/
Nordic Kitchen / Services / Finavia


f:id:sakasama0909:20170415160432j:image

Nordic Kitchen!!

北欧だもんね!サーモン食べなきゃね!

 

うーんとね、

うまいけどデカい!!

これパン要らね!具だけでお腹膨れるわってなくらいのボリュームでした。

 

 

出国手続きもなんのその、旅行前のあの心配や不安は何だったのかと思うくらいスムーズに日本へ飛び立ちます!
f:id:sakasama0909:20170415161712j:image

 

 

向こうに見えるのはmarimekkoフィンエアーじゃないですか!!あれに乗りたかったぜ!!
f:id:sakasama0909:20170415161735j:image

 

 

さようなら!!ヨーロッパ!!
f:id:sakasama0909:20170415161828j:image

 

旅行が終わっちゃう寂しさと、日本に無事に帰れる安堵感で複雑なお気持ち。

 

 

とりあえず映画でも見ましょかということで、

これまた懐かしのA.I.を見るよー!!

 

A. I. (吹替版)

A. I. (吹替版)

 

 

行きはセカチューでBBA泣きしたから、もうさすがにA.I.見て泣くこたぁねぇだろなと思ったら、BBA泣きなんてとんでもない・・・

BBA大号泣。

 

セカチューの時みたいに涙がホロリなんて甘っちょろいもんじゃなくてね。

涙と鼻水がじゃんじゃん出るわ、

あげくの果てはしゃっくりが止まらなくなるわ、

最終的にはブランケットで顔を隠さないといけない羽目になるわ

というクソBBA泣きをしてしまったのだ。

 

結論、A.I.は素晴らしい映画です。

 

そんな映画みて大号泣するなんて、機内でエンジョイしてやがるなと思うことなかれ、

後ろを気にせずシートが倒せるからという理由で、1番後ろの席を選んだのが大間違い。

 

前の席の外国人のシート倒していい?との要望に軽くOK出しちゃったもんだから、遠慮もなくシート全倒ししてきて、食事の時間もおかまいなしにそのまま寝てるからずーーっと窮屈だったよ。

 

教訓・帰りもエコノミーコンフォートにしましょう。

 

 

セントレアに無事着いて、お母さんのお出迎えで自宅へ!

真っ先にコンビニでおでんとおにぎりを買って日本の味を食べる2人。

だしうまい。米うまい。

 

 

イタリア旅行記の最後を、だしうまい。米うまいなんて和の心で締めくくるとは書き始めの時には予想してなかったぜ。

 

長すぎた旅行記もこれにておしまい。

 

イタリア旅行記 【51】忘れられないディナーみたび。

 

日曜日休みが多い中、イタリア最後の大事なディナーを探すべく頼みのTripAdvisor。

 

この当時は日本人レビューが少なめでどうしようか迷ったけど、

ここに決めた!!

 

 

Il Prime Milano


Il Prime Milano (ミラノ) の口コミ443件 - トリップアドバイザー

 

Eatalyからも歩いて行ける距離。

 

 

 

予約してないけど、めっちゃwelcomeーーー!!と出迎えてくれてお好きな席をどうぞと。
f:id:sakasama0909:20170415124620j:image

 奥の隅っこが落ち着く性格なもんで。

 

 


牛のタルタル。
f:id:sakasama0909:20170415125222j:image

タルタルって聞くと、カキフライとかにつけて食べるあのタルタルソースか、まじかるタルるーと君しか思い浮かばない。

 

卵黄まぜまぜして、めちゃ薄パンに乗せて頂きます。生卵って外国の人食べるイメージなかったんだけど、卵黄ならOKなのかな?

 

 

うまいーーーー!!

牛の生肉久しぶりだーー!!

生肉って聞くと、その昔焼き肉行った時に牛肉だから大丈夫だって、焼く前の生カルビをそのままバクバク食ってた友達を思い出す。

 

 

 

隠れちゃってるけど、肉の上にトリュフが乗ってるのであります。

トリュフなんて初体験の2人。

 

ぐわあぁーーー!!香りがぁーーーー!!

なんつーいい香り!!

こりゃ味じゃなくて香りを楽しむオシャンティな食べ物なのね。

 

 

ウニのレモンパスタ。
f:id:sakasama0909:20170415131826j:image

予想に反してあっさり味のパスタ。

ソースもさることながら、麺がなぜこんなにうまいの??

英語で注文したんだけど、店員さんが

( ͡° ͜ʖ ͡°)く ウニウニ~♪

ってそこだけ日本語で微笑ましいったらありゃしない。

 

 

旦那が注文したミラノ風リゾット。
f:id:sakasama0909:20170415132511j:image

いよいよ最後となりました・・・

「どうやら俺、忘れられないリゾットに出会ってしまったようだ・・・。」

旦那の忘れられないシリーズもこれにて終了。

 

 日本人ならお米食べろってカンジじゃない旦那が、なんでリゾット注文したんかわからんけど、(多分ミラノっぽいから)確かにこれはおいしかった!!

 

 

 

メインはこれ!!
f:id:sakasama0909:20170415133516j:image

ミラノ風カツレツ!!

 

意外に厚みがある!!

これ出てくる前にお手洗い行った帰りに、厨房からものすっごい

ドンドンドンドーーーン!!

ってぶん殴ってる音聞こえたから、どんだけペラペラにしてんだよと思ったんだけどね。

 

 

さて肝心のお味は・・・

うへぇ うまい(^q^)

 

カツレツもうまいっちゃうまいんだけど、それよりも上に乗ってるトゥメィトとルッコラがうめぇ!!

カツレツと一緒に食べてご覧よ!!旨さ倍増だよ!!

 

 

 

デザートまで食べちゃうよ!!

明らかにこのイタリア旅行で胃が大きくなった模様。
f:id:sakasama0909:20170415134400j:image

イタリアで食べたデザーt・・・

・・・ドルチェはどれもこれも大変おいしゅうございます。

 

 

 

食後のリモンチェッロだーい(о´∀`о)

多分これサービスかな?
f:id:sakasama0909:20170415134740j:image

 

 

お会計は100ユーロちょい。

店員さんもしっかりしてて愛想よくて、ご飯も全部おいしかったから満足だよ!

 

食事を終えるころにはお店は満席に。

隣の席の人、1人1皿あのカツレツ食べてて、

胃がデカくなったなんて豪語するにはまだ早かった模様。

 

 

最後のディナーということもあってワインボトル1本を飲んでご機嫌な旦那。

食事のあとは当初の予定通りこのままEatalyへ。

 

 

f:id:sakasama0909:20170415141142j:image

レトロ感溢れるチョイスのジャパニメーション

あたしゃ日本でこんな満面の笑みの駿さん見たことないってばよ。

 

 一回下見してるってこともあって、さほど時間はかからずにパスタやお土産を買う。

念願のやっすいパスタGETだぜ!!

 

 

明日は朝から帰国の途につくし、まだ荷物もまとめてないんで、ちゃっちゃか地下鉄乗ってホテルに戻ります!

 

 

ぶれてるー
f:id:sakasama0909:20170415150642j:image

 

 

昼間は撮れなかったホテル入り口。
f:id:sakasama0909:20170415145101j:image

 

静かなホテルでしたよ。
f:id:sakasama0909:20170415145224j:image

 

さ、このまま準備しておやすみなさいと思うでしょ??

 

正解は・・・

さっきのEatalyで別行動して合流しようとしたら、人目につくフロアの真ん中で隠しポーチから堂々と札束を出し始めてる所を私に目撃されて怒られた旦那は、そのままその札束を尻ポケットに入れたまま地下鉄に乗ってきたことがまた私にバレてブチ切れられ、しばしバルコニーに締め出されて酔いをさましてから眠りについたでした。

 

☆酔っ払いにお金の管理はさせちゃいけないと学んだよ!

イタリア旅行記 【50】ミラノ観光

半日もないミラノ観光。

乗り放題券を駆使しするべく、地下鉄へ乗り込む2人。

 

 

出発前はあんだけビビってて、出来ることなら地下鉄乗りたくないって思ってたんだよなー。

でも、ローマでもいざ乗ってみたら全然怖くなくて、ここミラノでもそう。

 

前掛けのボディバッグにハッタリの鍵付けたり、大事なものはセキュリティポーチに入れて、言葉の通り肌身離さずだったからってのもあったんだうろけどね。

 

 

さて到着した地下鉄の出入り口は凄い人。

f:id:sakasama0909:20170415074623j:image

 

 

出口を出ると・・・
f:id:sakasama0909:20170415080249j:image

すぐDuomo!!

物売りさんも頑張ってます。

 

 


f:id:sakasama0909:20170415080427j:image

ミラノといえばここでしょう。

 

 



f:id:sakasama0909:20170415080946j:image
曇り空と同化しそうな色合いなのに、この存在感。

 

 
f:id:sakasama0909:20170415084329j:image

 


f:id:sakasama0909:20170415084435j:image

 

 

装飾細かっ!!

f:id:sakasama0909:20170415084725j:image

イタリアってテキトーにダラダラ人生を謳歌してるってイメージ(失礼にもほどがある)だったんだけど、どこの都市でもこういう細かすぎる装飾の建物があって、私の勝手なイメージは覆されたのであった。

 

 

こんな気が遠くなるような装飾を手作業で造れるんでしょ。

几帳面な性格じゃなきゃこんなん出来ないよ。

美に関して本気出しすぎ!!

 

 


f:id:sakasama0909:20170415090105j:image

 広場にTV局の取材とかも来てたから、なんかイベントやるのかな??

 

 

 

例のごとくドゥオーモの中には入りません。
f:id:sakasama0909:20170415090953j:image
さて向こうに見えるガレリアにでも行きますか(-´∀`-)

 



f:id:sakasama0909:20170415095811j:image
oh・・・

 


f:id:sakasama0909:20170415095947j:image
入る気が失せるこの混みよう。


 

物の見事に入る気が失せた2人は

回れ右!!
f:id:sakasama0909:20170415100218j:image

 

とっととこの場を撤退すべく地下鉄に向かうのでありました。

とっとこ~走るよ~

 


f:id:sakasama0909:20170415101123j:image

乗り換え乗り換えー!

 

 

ガリバルディ門をくぐるよー。
f:id:sakasama0909:20170415103942j:image


なんかスゲェ建物が。

なにこれマンション??
f:id:sakasama0909:20170415102729j:image

 

 

 

さて到着したのは・・・

https://goo.gl/maps/y9KhtLGEkfn

 HighTech

 

 

f:id:sakasama0909:20170415104227j:image

めっちゃ広い雑貨屋さん。

これじっくり時間かけて見たら半日くらいかかりそうだよ。

 


f:id:sakasama0909:20170415110822j:image

階段とか渡り廊下みたいなのでスペース分けされてて、デカいお家を雑貨屋としてリメイクしました的な雰囲気でした。

 

 

日本も雑貨屋さんだらけだから、特別に惹かれるものもなく・・・

ちゃんと「これが欲しい」って目的があれば品数豊富で楽しいだろうに。

 

 

そういう目的もなく半日観光でここに来ちゃう所がさすがのクオリティだと思います。(他人事)

 

 

 

はい。

お次に向かうは

https://goo.gl/maps/BtGuaxhJhaQ2

Eataly!!

 

 

そう、私はイタリアでコジャレた貴金属を買いに来たんじゃない、

パスタ買いに来たんだわ!!(使命感)

 

 

とりあえず館内をグルッと見てから買い物したいタイプ。
f:id:sakasama0909:20170415104621j:image

 

 

f:id:sakasama0909:20170415111513j:image
ワイン!

 


f:id:sakasama0909:20170415111548j:image

 ワイン!!

 


f:id:sakasama0909:20170415111621j:image

 ワイン!!!

すごいな、ワイン好きにはたまらんだろね。

 

 

 
f:id:sakasama0909:20170415111833j:image
お肉も勢揃いしてます。

 

 

わたしゃここでサクッとパスタとかお土産買おうと思ったんだけど、まだ夜ごはん食べてないから今買うと荷物になるという旦那の意見で、買い物は後回しで先に夜ごはんを食べることに・・・。

 

 

だが最後の最後でなかなかレストランが決まらない。

だって今日は日曜日。

 

事前にどこへ行くかだいたい決めておくんだけど、ミラノで行きたい所がことごとく日曜日休みでね、こりゃホテル着いたらオススメのとこ聞くってことにしようと思ってたら、日本語通じないじゃんね。

 

そんぐらい英語でやりとり出来るだろって思うんだけど、なんか面倒くせぇなって気持ちが勝ってしまって、そのままチェックインを終えて出掛けてきてしまった。

 

 

(´-`)く Eatalyの中にフードコートあるじゃん、ここでよくね?

何かにつけて面倒くさがる私。

 

 

(°_°)く え!!今日が最後だよ!?ちゃんとしたレストランで食べようよ!!

自分で探す気もないのにこだわる旦那。

 

 

( ´-` ).。oO(今日が最後じゃなくても、フードコートとか総菜で済ますの嫌がるくせに)

 

食に対しての思い入れが違う2人だとまあ大変。

しぶしぶこの辺りで良さげなレストランを探すのであった。

 

☆どうなる!?最後の晩餐!!

イタリア旅行記 【49】いざミラノへ

 

ヴェネツィア発 Freccia biancaに乗り込む2人。

 

結局、ホームへの扉があったのはローマのテルミニ駅だけで、フィレンツェヴェネツィアもホームへの出入りは自由。

 

なにやら車両の入り口に誰か立ってる。

( °_J°)く ○△▼□●▲~?

 

( ´-` ).。oO(何言ってんのか わっかんね)

( ´-` )く ぼんじょるのーーー

 

 

とりあえず挨拶しといて、半分無視して席へ。

座席は今日もプレミアム。

1台とはいえ(だからこそ)重いスーツケースをヨイショコラー!!と上げて出発を待つ。

 

 

ーーーそこへ、アジアの団体さんと一緒に、1人だけどう見ても場違いな

超笑顔のボブサ○プみたいな人が。

 

笑顔で軽々と、団体さんのスーツケースを1つずつ網棚へ上げていっているではないか・・・

 

 

( ㅍ_ㅍ ).。oO(これ、アカンやつだ)

 

 

 

そう、アカンやつだったのだ。

 

 

全員分のスーツケースを上げ終えた途端、あんなに笑顔だったボブ(仮名)が、いきなり無表情になって団体さんに

金を請求しているではないか。

 

 

(ㅍ_ㅍ).。oO(あーあ。どうしたもんかね。

思わずガン見。

 

 

5対1なのに、ボブに負けちゃう団体さん。

遂に1人がお金を渡す。

 

これで終わりきやと思ったら

「おい俺は一体何台のスーツケースあげたと思ってんだ」

的なことを言って、まだ足りないとアッピル。

 

 

結局3人くらいがお駄賃あげて、やっと追い返してた。

それでも最後まで全員分の金を請求してたボブ、恐るべし。

 

 

 

今思うと、車両の入り口に立ってた男もお駄賃稼ぎの野郎だな。

事前情報でこういう輩が居ると知ってたけど、本当に遭遇するとは。

 

ガン見するしか出来なかったけど、当のおっちゃんおばさんの団体が何にも出来なかったのに、こんなチビに何が出来ることやら。

 

 

・・・私に出来たことはただ1つ

 

向かい合わせで何が起きているかわからない旦那を、振り向かせないこと。

 

(・ω・三・ω・)く なになに何見てんの?何かあったの?

 

( º言º)く いいと言うまで振り向くんじゃねぇ。

 

 

 

( 'ω'o[ 教 訓 ]o
知らない人にスーツケースは触らせない。


ほんとこれ。

イタリアで唯一怖い思いしたのはこれだけなんで、ほんとこれ。

 

 

 

疲れがきたのか爆睡する旦那。

都市間の移動もこれで終わり。
f:id:sakasama0909:20170408110936j:image

とりあえずストライキはなかったし、Frecciarossaもbiancaも座席指定出来なかったけど、ちゃーんと2人席あててくれたし良かったんだけどね・・・

 

それでも思うのは、車さえ乗れればストライキだお駄賃稼ぎだなんて怖い思いしてまで電車なんて乗らないし、行動範囲も広がるのにな。

 

ーー日本よ、なぜイギリスの車文化を真似したんだ。

世界のほとんどは右側通行・左ハンドルなのにさ。

 

なんてことを思いながら

ミラノ中央駅到着。

 

 

立派な建物。
f:id:sakasama0909:20170408112343j:image

 

めちゃ広。
f:id:sakasama0909:20170408112520j:image

 

構内にあった適当なコンビニちっくな所で地下鉄の1日券をゲットし、早速ミラノのお宿へ向かいます。

 

 

鉄道駅とは思えない美術館みたいな中央駅。
f:id:sakasama0909:20170408112820j:image

中央駅構内からでも繋がってたのかが、わっからんくて、とりあえず外に出て地下鉄に乗り込む。

 


f:id:sakasama0909:20170408112716j:image

フィレンツェヴェネツィアにはなかった近代的な高層ビルが。

 

 

ミラノは何路線か地下鉄が通ってるんだけど、ホームへ繋がる通路とかがちゃんと路線ごとに色分けされててものすごく分かりやすかった。

f:id:sakasama0909:20170408114054j:image

地下鉄内もTVみたいな電光掲示板に到着駅とかがこれまたわっかりやすく表示&アナウンスされてて

日本のやつより全然わかりやすい。

 

 

なんで日本の電車はあんなにわかりにくいの?

アナウンスもなんか自分に酔ってるような鼻にかけすぎなアナウンスで、日本人の私らですら何言ってんのか全然わかんねーよ。

もっと、OMOTENASHI頑張れーー。

 

 

最寄り駅からさらに歩いてお宿へ向かう。

 

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。
f:id:sakasama0909:20170408115435j:image

が見えてきたということは、お宿まであと少し。

 

 

Antica Locanda Leonardo 

 
ホテル アンティーカ ロカンダ レオナルド (Antica Locanda Leonardo) -ミラノ-【 2016年の口コミ・料金比較・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

 

こちらもオーナーの奥様が日本人という、最後まで日本人にこだわる2人。

 


f:id:sakasama0909:20170408115949j:image

 かの有名な「最後の晩餐」が飾られている有名な教会とは目と鼻の先・・・

だけど、それには興味のない2人。

 

ほんと、とことんひねくれてるなとは思うけど、夕方に到着して明日の朝にはもう帰国するんだからね。

ミラノはただ帰るためだけに寄ったのさと言わんばかり、いや実際そうなんだけどね。

 

 

 

何回も通り過ぎてしまった正門から、ブザーを鳴らして敷地内へ入る。

 

お出迎えは、

英語がペラペラなお兄さん

でしたよ・・・。

 

やっと久しぶりに日本語が喋れる、全神経を研ぎ澄まして解読する必要がなくなると思ってたんだけど、英語でチェックイン。

 

まぁこっちが余計な事聞かなけりゃ、だいたいやることはパスポート出したりサインしたりだからいいんだけどね( ´ㅁ` ;)

 

 

お部屋からの眺め。

f:id:sakasama0909:20170408120422j:image

通りとはおっきな扉で隔ててあるし、この緑モッサーだから、ミラノらしからぬ穏やかさ。

 

 

水回り。
f:id:sakasama0909:20170408121107j:image

 

f:id:sakasama0909:20170408121200j:image
広くてピカピカ!!

 

 

お部屋にはこんな感じで日本語案内が。
f:id:sakasama0909:20170408121441j:image

 

 

 

さて、性懲りもなく乗り放題券をバカみたいに買うもんだから、することはただ一つ

 

・・・地下鉄にいっぱい乗る。

 

 

☆ほんのわずかなミラノ観光が今始まる!!